ハイスペックなお奨め買取会社をピックアップ! 優良10社一覧はこちら
ヘッダーボタンの背景
換金率 スピード 優良実績

Amazonギフト券買取サービスの使い道

昨今、急激に市場拡大している「Amazonギフト券買取サービス」ですが、その利用目的は大きく2つに分かれます。

①手持ちのAmazonギフト券を売却

プレゼントやキャンペーンで手に入れたAmazonギフト券を買い取ってもらい、現金を手に入れるもので最もオーソドックスな利用方法と言えます。

「Amazonでは取扱の無い商品を買いたい」
「旅行や飲食に使いたい」
「有効期限内に使用予定がない」

という需要にマッチしています。

Amazonギフト券買取の現金化目的

②Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化

もう一つは換金率の高いAmazonギフト券を利用し、クレジットカードのショッピング枠を現金化する手法です。

「生活費や家賃支払で"現金"が必要」
「ローンやキャッシングは利用できない」
「カードの与信枠を現金化できたらな…」

そんな需要に答えるもので、下図の仕組みとなっています。

アマギフ換金の仕組み

ユーザーはまずクレジットカードでAmazonギフト券を購入、それを買取業者に転売し、銀行振込により現金を手に入れます。
Amazonギフト券は高い換金率を誇るため、事実上カード枠を現金化できてしまうのです。
しかも、ギフト券購入時のカード支払いは最長2ヶ月後なのでキャッシュフローにも余裕が生まれます。

実は、クレジットカード現金化を目的にAmazonギフト券買取サービスを利用する方も多く、むしろ現金化が主な使われ方と言っても過言ではありません。

クレカ現金化業者はもう古い?

廃れてきたクレジットカード現金化業界

インターネットが爆発的に普及している昨今、クレジットカードのショッピング枠現金化専門サービスは店舗型からネット型へ進化を遂げ、従来よりも遥かに現金を手に入れやすくなりました。
しかし、その一方で悪質な現金化業者が大半を占めるという業界の闇を露呈し、詐欺業者・悪質業者の餌食になる方が増加しており、クレジットカード協会・消費者センターが対策に乗り出しているというのが現状です。
現金化業者を利用したショッピング枠現金化ないしはクレジットカード現金化の取り締まりが強化されていく傾向にある「現金化」ですが、これらに変わる新たな手法として注目を集めているのが「Amazonギフト券換金(通称:アマギフ換金)」なのです。

クレカ現金化との違い

Amazonギフト券換金と現金化業者を利用した従来のクレジットカード現金化を比較すると、申し込みから現金化までの流れ・手続きに以下の通り違いがあります。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化と最も異なる点は何と言っても「現金化業者の有無」です。
現金化業者が仲介せず直にAmazonギフト券を換金する事で手続きが簡易化し迅速性に優れている点に加え、換金率アップを狙う事も可能なのです。

換金率が高いアマギフ買取

換金率の点で優れるAmazonギフト券買取

前述で軽く触れましたが、Amazonギフト券買取が人気となっている理由の一つに「換金率が高い」という点が挙げられます。
現金化業者を通さない事により余計なコミッション・仲介料・手数料が発生せず、同等の手間で今までよりも多くの現金を手に入れる事が可能なためです。

また、ギフト券の換金率相場に関しては変動がある可能性が考えられますが、現金化業者に比べて「言い値」では無く、Amazonギフト券全体の全国買取相場であるため、詐欺被害やトラブルに発展しないという安全性に優れた側面も有しています。
さらに、全国共通百貨店の商品券や新幹線の回数券等は換金性が非常に高いため、利用するとクレジットカード会社より利用停止の処分が下る可能性がありますが、Amazonギフト券の場合「プレゼント」としての性質が強く、これらの危険性が低いという特徴もあります。

買取専門業者を利用する理由

Amazonギフト券買取専門業者のイメージ

Amazonギフト券を現金化するには、専門の「Amazonギフト券買取業者」を利用する必要があり、理由は以下の通りです。

①大手金券ショップでは買取がNG

アマギフ買取に非対応な店舗型金券ショップ

大黒屋、チケットアクセス等の大手金券ショップでは原則としてAmazonギフト券の買取の取り扱いを行っていません。
理由は大きく分けて2つありますが、まずはAmazonギフト券に「有効期限がある」点です。
Amazonギフト券には利用出来る有効期間が設定されているため、買い取ったAmazonギフト券が売れず、有効期間が過ぎてしまうと売り物になってしまうというリスクがあります。

次に「利用出来るものかどうかが確認できない」という点です。
Amazonギフト券にはカードタイプ、メールタイプ、ギフトタイプといったように様々な種類の物が存在しておりますが、いずれもAmazon本サイトに於いて「コードを入力し、送信する」という方法で権利者(持ち主)である事の真正性を確認しています。

つまり、実際にその場で入力を行わない限り、そのギフト券が本当に使えるものであるのかどうか、という点が確認出来ないのです。
以上の理由から、大手金券ショップではAmazonギフト券の買取を敬遠しています。

②換金率・迅速性に優れている

アマギフ買取の換金スピード

Amazonギフト券を換金する目的は様々ですが、いずれの場合でも「換金率」「スピード」は非常に大事なポイントです。
買取業者によって手続きに差異はあるものの、換金率については全国ほぼ横並びの相場を共有しているため、90~93%と非常に高い水準をキープしています。

また、従来のネット型の現金化業者を利用した現金化とは違い、業者との交渉を挟まないという点で手続きは非常に簡易化されており、迅速性にも優れていると言えるでしょう。

③安定した現金化が可能

相場の安定したAmazonギフト券の買取価格

クレジットカード現金化業者の言う「換金率」は業者側の言い値であり、相場に基づいた根拠があるわけではありません。
従って、業者によって手数料が変わったり、必要な手続きに差異があったりと、安定した現金化は難しいというデメリットがありました。

全国相場を参考に換金率を決定するアマギフ換金では、換金率・手続共に業者間で大きな差が生まれ辛く、早急に現金が欲しい人も、単純に利用しないAmazonギフト券を高値で売りたいという方も、安定して取引を行う事を可能にしています。
ただし、業者によってはお得なキャンペーンを実施していたり、買取時間(24時間、年中無休等)が違っていたりする場合がありますので、状況やニーズに合わせて上手に使い分けるのが望ましいでしょう。

今選ばれている優良業者【10選】

実際に利用した方からの口コミ・独自の調査結果から、今ユーザーからの評価が高いAmazonギフト券買取専門業者を厳選しました。
初回時換金率アップやリピートによる換金率アップといった利用回数で換金率が変化したり、24時間営業又は365日営業だったりと、営業時間・営業日によっても業者の特色が分かれておりますので、ご自身の状況に合わせて選定してみてはいかがでしょうか。

表は⇒方向にスライドしてご覧ください。

サービス名
最大換金率
最短買取
スピード
優良実績評価
イチ押しポイント&
キャンペーン情報
95
5
A+
振込手数料無料
24時間振込可能
土日祝日対応
90
3
A
振込手数料無料
初回90%保証
93.5%
5
B+
翌日プラン換金率UP
初めての方換金率UP
93
10
B
初回利用93%
15時以降振込可能
91
5
C
5万円以上で90%
法人利用優遇
93
30
A-
大口換金率UP
90
5
B
土日祝日対応
91
10
A+
iTunesカード/
GooglePlayカード対応
93
8
B-
振込手数料無料
年中無休
95
10
B+
5万円以上で95%
 
上位3社 ※同順位有り
 
換金率91~92%・スピード~10分・実績Aランク
 
換金率91%未満・スピード10分超・実績Bランク以下

優良業者の見分け方

アマギフ換金で損をしない為には、信頼できる買取業者を選択することが必須です。
換金率・スピードに関しては言うまでもありませんが、対応力・キャンペーン内容等をしっかりと把握した上で選ばないと損をしてしまう可能性があります。

特に大事なのがキャンペーン内容で、初回だと換金率2~3%アップや、毎日先着で換金率アップだったり買取金額に上乗せしたりと、変化が多く、チェックが欠かせない分野と言えます。
換金率も日々変動しますので、利用前にホームページのチェックは必ず行うように心がけましょう。

古物商資格の有無

公安委員会発行の古物商営業許可

Amazonギフト券の売買は厳密に言うと「中古品(古物)の売買」に当たる為、各都道府県に設置されている公安委員会から、「古物商取引許可」を受けなければなりません。
許可を受けていない業者は営業許可をもたない無許可業者に当たり、悪質な営業を行っている可能性が高いです。

なお、古物は盗品等の可能性があるため、古物商取引業者は営業を行うに当たり「買取名簿」を具えておく必要があります。
買取名簿には売却した人の情報の記載と本人確認を行った旨の記載をするため、買取の際に本人確認を行わない業者には注意が必要です。

会社概要の正確性

会社概要情報にてサービスの安全性確認

企業が作成するホームページに会社又は個人の情報を記載した事項である「会社概要」が設けられています。
ほとんどの業者は、会社概要にきちんと会社情報の記載を行い、対外的にしっかりとした運営を行っている事をアピールしているのですが、一部の業者についてはデタラメな住所・氏名・営業許可番号を記載している場合があります。
また、記載されている住所が原則として許可の下りないレンタルオフィスだったり、電話番号が携帯電話であったりと、いい加減な業者も多くなっています。
トラブルに巻き込まれないためにも、きちんと会社情報を公開している会社を選ぶ事が望ましいでしょう。

目的で選ぶ買取サービス

「景品で貰ったAmazonギフト券を売りたい」
「競馬で一勝負したいのでまとまった現金が必要」
「結婚式のご祝儀が足りない為確保したい」

Amazonギフト券の換金目的

アマギフ換金を行う理由や事情は千差万別です。
状況に応じた業者選びをする事で最も損をしない現金化を可能にします。
優良なAmazonギフト券買取業者を用途に応じて利用できるようにピックアップしましたので、ご参考下さい。

①換金率

アマギフ換金率のイメージ

換金率は全国相場によって変化するため、Amazonギフト券買取業者間での買取相場はほぼ横ばいとなっています。
しかしながら、新規に参入した業者や、古くからあり売上が安定している業者、決算前に売上をどうしても伸ばしたい!といった事情を有している業者等、全国相場よりも2~3%程上乗せして広告を打っているケースもあり、お得に換金するには業者情報をしっかりと調べた上で選ぶ必要があります。

②スピード

アマギフ買取スピードのイメージ

申し込みから換金までのスピードは業者によって大きな差があり、差異が顕著に表れている事項の一つです。
換金までに2~3日を要する業者から、条件さえ揃えば10分以内に送金する事も可能など、業者によって全く違います。
また、土日祝日に営業を行っていたり、15時以降であっても送金が可能であったりと、すぐに現金が必要な際に活用出来る業者もありますので、状況に応じて上手に使い分けると良いでしょう。

③優良な実績

Amazonギフト券買取会社の実績イメージ

ショッピングサイト「Amazon」の台頭が比較的近年だった事もあり、運営実績についてはさほど差異は無いのではないか、と思われる方が多いのではないでしょうか。
確かにアマギフ買取を専門に行う業者はいずれも5年以内が多いですが、業者を選ぶ上で、いかに優良な運営を行ってきたのか、という点は非常に重要な事柄です。
主に利用者からの口コミ等で判断するのが良いでしょう。

従来現金化VSアマギフ買取

従来の現金化業者とアマゾンギフト券買取の対比

YahooやGoogleで「クレジットカード現金化」と入力し検索をかけると、現金化業者とみられるホームページが数多くヒットし、現在の現金化業者の多さを実感出来ると思います。
何故ここまでネット型の現金化業者は増加したのか?その答えは一つ。
ズバリ、儲かるからです。

「換金率98%保証!」
「5分で現金化!」

と魅力的な言葉で利用者の誘引しておりますが、実際に換金率98%や5分以内で換金してくれる業者などいるはずもなく記載されている事のほとんどは嘘の条件や情報と言っても過言ではありません。

換金率90%越えが不可能な理由

クレジットカード会社は利用加盟店からカード決済時の手数料として商品の数%のコミッションを取っているため、実はクレジットカード決済はお店にとっては有難くない決済方法なのです。
しかし、現代に於いてキャッシュレスはもはや常識となっており、クレジットカード決済が出来ないというだけで敬遠される可能性もあり、お店側は利用せざるを得ない状況にあります。

現金化業者は対外的には自社の商品を買ってもらい、自社で買い取る又はキャッシュバックを支給するというシステムのため、この手数料は当然現金化業者も支払う必要があります。
従って、人件費や広告費、事務所の家賃、光熱費、更にはクレジットカード会社に支払う手数料等を加味すると、90%以上の換金率はよほどの大手で無いと難しい計算です。
世の中にある現金化業者のほとんどは80%に満たない換金率での営業であると言えるでしょう。

業者は換金率が低いほど儲かる

決済金額から実際に利用者に支払う金額を差し引き、諸費用を差し引いた残りの金額が現金化業者の利益となります。
つまり、換金率が低ければ低いほど業者の利益は増え、より儲かるという構図になっているため、多くの業者は「このカードの種類ですと換金率が下がる」「即日入金の場合は換金率が下がる」といったように、何かと理由を付け換金率を下げようと動きます。
どのような利用者やカードの種類でも、業者側が行う手続きや手間は変わりませんので、現金化業者は相場と言いつつ利用者から不当に高い手数料を言い値で搾取している状況です。

業者に支払う手数料が不要

現金化業者を用いたクレジットカード現金化の換金率の相場は70~80%程度です。
つまり、利用者側は決済金額の20~30%程度を業者に支払うという多大な手数料を支払った上で現金を手にしている状況になります。

業者側はほぼ何もせずにこの手数料を搾取しており大きな利益を上げており、利用者を「食い物」にしていると言っても過言ではありません。
アマギフが人気の背景には「悪質な現金化業者の増加」も理由の一つとして挙げられるでしょう。

「Amazonギフト券買取 VS クレジットカード現金化 〜両者の違いをガチンコ比較〜」バナー
クレジットカード現金化の被害実態
相談件数が増加しているクレジットカード現金化被害

クレジットカードのショッピング枠を現金化する専門業者(現金化業者)は、かつては大きな街や駅の雑居ビルに店舗を構える「店舗型」と呼ばれるものが主流でした。
店舗へは非常に入りづらい雰囲気を醸し出していますが、業者側と利用者が対面して取引を行うため、取引の内容の見解に齟齬が生じづらく、意思がしっかりと合致した上で取引を行えるという点でメリットがあり、トラブルに発展する事はほぼありませんでした。

比べて、ネット型はインターネットや電話を申し込み、必要な情報を口頭で伝えるだけなので店舗型に比べてスピードや利便性に優れているという利点がある一方で、対面で取引を行わないため、取引内容に見解の相違が生まれやすく、後々のトラブルに発展しやすいという特徴があり、消費者センターへの被害相談が年々増加傾向にあります。

また、現金化業者を謳った「ヤミ金業者被害」や、クレジットカード情報のみを抜き出す「フィッシング詐欺被害」の増加も顕著になっており、今や現金化業者を利用したクレジットカードは安全とは言えない状況です。
現金化業者を通さず、アマギフ換金等の方法により自分で現金化を行ってみてはいかがでしょうか。

アマギフだけじゃない!現金化手法は様々

クレジットカード現金化は古くから利用されており、時代に伴い変化を遂げてきました。
クレジットカード現金化業者が店舗型からネット型へ移行してきたのも、昨今のインターネットの普及に伴うものです。
ブランド品やチケットの転売という従来の現金化から、フリマアプリを利用した現金化、交通系電子マネーを利用した現金化といった時代背景に沿った新しい現金化等をご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

現金化行為は規約で禁止されている

カード会社規約で禁止される現金化行為

現金化行為にはリスクが伴う点を説明せねばなりません。
実は、ショッピング枠を現金に換える行為は「現金化行為」と呼ばれ、カードの利用規約で禁止されている事項となっています。
クレジットカード現金化はカード所有者の商品購入代金を立て替えて店舗側に支払っておりますので、過度な使用は利用者が代金を支払えなくなるという「債務不履行」を負うリスクに繋がり、カード会社側が損をしてしまう危険性があるためです。

しかし、その反面、現金化行為により利用者はカードでより買い物(売買実態の有無は置いておいて)を行うわけですから、現金化行為には「売上が大きく伸びる」というメリットも内在しており、カード会社はこれらの行為を黙認してきたというのも一つの事実とも言えます。
現在、悪質な現金化業者の増加に伴い、クレジットカード協会や消費者センターが監視を強めているという背景もありますので、現金化を実践する際にはくれぐれも注意する必要があります。

「自分でできちゃう?セルフ現金化手法を換金率・スピード・リスクで徹底比較」バナー

Amazonギフト券換金の注意点

現金化に於いて最も注意しなければならないのが、「クレジットカード会社への現金化行為の周知」、つまり、ショッピング枠を現金化した事実がバレてしまうという事です。
クレジットカード会社も多くの現金化行為を黙認している状況と考えますが、あまりにも露骨な現金化行為に関しては、利用停止、契約解除から、最悪な場合にはブラックになってしまうなどの危険性も孕んでおり、無視できないリスクと言えます。

リセールバリューの高い商品は危険

現金化に常套される商品は危険

換金性の高い商品はクレジットカード会社に特に目を付けられやすくなっており、下手をすると一発で利用停止となる恐れのある危険な商品です。
具体的には「百貨店の商品券」「新幹線の回数券」「金券類」が、95%以上換金率となっており、非常に危険な商品となっています。
一度なら大丈夫、少額なら大丈夫、と実際に利用した方の口コミでは聞かれますが、一回目の購入で利用停止となった方もおり、警戒が必要な商品と言えるでしょう。

冒頭でも軽く触れさせて頂きましたが、原則として大手金券ショップではAmazonギフト券の買取は行っておらず、「金券」としての価値はほぼ無い、というのが金券ショップ及びクレジットカード会社の共通認識です。
また、全国の百貨店で利用出来る全国共通百貨店商品券とは違い、Amazonギフト券はあくまでもショッピングサイト「Amazon」のみでしか使えず、換金性に不向きであり、贈り物としての側面も強く、クレジットカード会社の監視は緩いと言えます。
今後の動向には注意が必要ですが、現在非常に安全な商品であると言えるでしょう。

使い過ぎにご注意を!

アマギフ換金は数千円~数万円の少額換金にも対応しているため、クレジットカード現金化業者よりも非常に利用し易くなっていますが、ショッピング枠を利用した現金調達方法であり、タダでお金が貰えるわけではありません。
決済した金銭については翌月から翌々月に掛けてクレジットカード会社へ支払わなければならず、ゆくゆくは返済しなければならないお金という事を忘れてはなりません。
事給料日前や入金のあてがある場合等のつなぎ資金として、計画的に上手に活用しましょう。