キャリア決済とは?

スマホでキャリア決済を利用する人

キャリア決済とは、docomo、au、Softbank(ワイモバイル含む)の3大携帯キャリアの月々の通話料・通信料と一緒にネット通販などの利用代金を一括で支払える決済サービスです。
支払日はキャリアや契約内容によって異なりますが、クレジットカード決済と同じように後払い方式の決済サービスになり、「手元にクレジットカードが無い」「消費者金融の審査が下りない」「3万円程度の現金が欲しい」「クレヒスにキズを付けたくない」といったシーンでマッチします。

キャリア決済のやり方

利用の仕方は至って簡単です。当該サービスに対応しているサイトであれば、

①支払方法選択時に「キャリア決済」とする
②携帯キャリアのマイページ画面で暗証番号など必要事項を入力

のみで、その商品やサービスに対する代金が翌月の携帯料金に上乗せされます。
ただし、クレジットカードのように分割払いやリボ払いには対応しておらず、1回払い(一括)のみとなってしまう点には注意が必要です。

Amazonギフト券の購入方法

以前はPINCOMなど一部のキャリア決済サービスでAmazonギフト券を直接購入するルートがありましたが、2018年に入ってからは現金化目的の利用を禁止するため、キャリア決済でのAmazonギフト券購入が出来なくなりました。そのため、現在はバンドルカードやauウォレットカードなどプリペイドカードにチャージ又はSoftbankのAmazonギフト券販売サービス等で購入する方法を採っています。

キャリア決済の限度額と確認方法

前各社の利用出来るキャリア決済限度額とその確認方法は以下の通りです。

docomo(ドコモ)
上限限度額 50,000円(未成年者は10,000円)
限度額確認方法 dメニューにログイン⇒マイメニュー⇒継続課金一覧/ご利用履歴⇒ドコモケータイ払い⇒ご利用明細
SoftBank(ソフトバンク)
上限限度額 100,000円(満12歳未満は2,000円/満20歳未満は20,000円)
限度額確認方法 My Softbankにログイン⇒料金案内⇒ソフトバンクまとめて支払い⇒利用可能額
au
上限限度額 100,000円(12歳以下1,500円/13~19歳10,000円)
限度額確認方法 au ID TOPにログイン⇒auかんたん決済メニュー⇒利用条件の照会
Y!mobile(ワイモバイル)
上限限度額 100,000円(満12歳未満は2,000円/満20歳未満は20,000円)
限度額確認方法 My Y!mobileにログイン⇒料金案内⇒ワイモバイルまとめて支払い⇒利用可能額
格安スマホ、SIMフリー端末は利用可能か?

mineo、楽天モバイル、IIJmioといった所謂「格安スマホ」が近年流行しておりますが、残念ながら現在キャリア決済に対応しているのは3大キャリアとSoftbankグループのY!mobileのみとなっており、楽天やOCNなどの大手であってもキャリア決済に非対応となっております。ただし、将来的には楽天が第4の携帯キャリアに参入する計画があるので、キャリア決済にも対応させてくる可能性は十分にあります。また、SIMフリー端末につきましては機種と契約するキャリアによって対応が異なり、大手キャリアであれば問題無くキャリア決済が可能ですが、格安スマホの場合ですと従来通りキャリア決済を利用する事が出来ません。

キャリア決済の注意点

現金化目的で行う方が増えてきたため、キャリア決済でのAmazonギフト券購入は年々取り締まりが強化されており、高額利用をするとキャリア側から調査・確認が入る可能性があります。

キャリア決済ならAmazonギフト券がお奨め

キャリア決済でのAmazonギフト券購入を勧める女性

キャリア決済で現金化を行うのであれば、iTunesカードやGooglePlayカードといった選択肢もありますが、換金率がAmazonギフト券に比べて低いというデメリットがあります。また、新幹線回数券や高額買取商品券(全国共通百貨店商品券やビール券等)は換金率こそ高いですが、キャリア側にマークされやすい危険商品であるため、現状やはりAmazonギフト券が換金率・スピード・安全性共に優れている現金化商品と言えます。ショッピング枠も使い切ってしまった時や、クレジットカードをお持ちでない場合に活用したい方法です。