ショッピング枠現金化方法と手法は様々

ショッピング枠の現金化(所謂「クレジットカード現金化」)は古くから用いられてきている現金調達方法であり、現在以下の二つが多く用いられています。
・現金化業者を用いる方法
・Amazonギフト券買取サービスによる現金化

両者共にメリット・デメリットがあり、「どちらを選択すれば良いのか分からない・・・」と、頭を抱えてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、これらの方法はあくまで現金化手法のほんの一部に過ぎず、別の方法を選択する事によって、「よりお得に」ショッピング枠を現金化する事も可能です。
当ページではメジャーな上記二つの方法以外の現金化手法に着目し、その特徴と比較を行って行きたいと思います。

商品券を用いたクレジットカード現金化

商品券とショッピング袋

「換金率が非常に高い!」
が特徴の、全国共通百貨店共通券・VISAギフト券・JCBギフト券を始めとした「商品券」ですが、90~98%と超高換金率の反面、クレジットカード会社の監視が厳しく、利用はややリスキーな正にハイリスクハイリターンのクレジットカード現金化です。
実際に利用停止になった人はいる?ブラックにまでなるの?等、利用しようと考えている方向けの気になる情報をまとめました。

交通系電子マネーはデメリットだらけ?

交通系電子マネーをタッチする機械

ヤフオク、モバオク等のオークションサイトやメルカリで一時期大量に出品されていた「suica」「PASMO」といった交通系電子マネーですが、デポジット代金や送料等を考えると割に合わず、サイトの監視強化に伴い現在では勢いが無くなっています。 現在の出品状況や落札価格を調査しました。

新幹線回数券は危険?リスク考察

新幹線と新幹線回数券

王道中の王道である「新幹線回数券」は商品券と同じく高いリセールバリューを誇るものの、一発で利用停止になる可能性もある危険度No1の換金物でもあります。 理由はカードの利用履歴に明確に残ってしまう上に、明らかに「個人消費の範囲」を超えてしまうという点が考えられ、ご利用の際はくれぐれも注意及びリスクを考慮した上で臨んでください。
新幹線回数券がリスキーな訳と利用停止になった人の声等をご紹介しながらケーススタディを解説します。

iTunesカードを現金化するメリット

iTunesカードとGoogleplayカード

Amazonギフト券とセットで語られる事が多い、「iTunesカード」「GooglePlayカード」を始めとする数々のソーシャル系ギフトカードですが、スマートフォンの普及に伴いスマホゲーム(所謂「ソシャゲ」)を利用する方が急激に増加した事に比例して需要が年々増加しています。
市場規模が1兆円を超えるまでに拡大した事から見ても、今後より一層需要が高くなる事が予想されます。
Amazonギフト券とiTunesカードはどちらが得か?!
両者を徹底比較しました。

今最もHOT!BITコインでクレカ現金化は可能?

ビットコインのイメージ画像

高騰を続けるBITコインを始めとした「仮想通貨」ですが、クレジットカード現金化に於いても利用する事は可能なのでしょうか?
今更聞けない仮想通貨の基礎知識編からショッピング枠現金化への応用編まで、順序立てて解説していきたいと思います。

時期が大事?ゲーム・スマホ転売で現金化

ゲームのイメージ画像

ひと昔前に流行った「ゲーム転売」ですが、ソシャゲの台頭に加えて少子化の影響からか、街に必ずあると言っても良いほどであったファミコンショップはすっかり姿を消してしまい、現在では買取相場が低く、買い取って貰えるショップも減ってしまったため、現金化し辛いという状況になっています。
しかし、状況をしっかりと見極めればお得に現金化が可能であり、まだまだ健在であると言える現金化手法です。

ブランド品・貴金属の換金は損?

指輪のイメージ画像

ブランド品の平均買取額は年々低下しています。 オークションサイトやフリマアプリ等が誰でも簡単に利用出来るようになった事から商品の数が増加した点や大手買取ショップで購入しなくても手に入りやすくなった点が原因と見られておりますが、その反面貴金属は相場の上昇が続いており、安定した価格での取引が続いている状況です。
貴金属やブランド品を用いた現金化とAmazonギフト券買取を徹底比較しました。

決済アプリを使った現金化法

指輪のイメージ画像

スマートフォンが普及した事で、キャッシュレスの動きが加速しています。 最近では「決済アプリ」が登場し、何と個人間でクレジットカード決済やケータイ払い決済が出来るまでに進化を遂げています。 ワンペイ・LINEペイといった個人間決済サービスでクレジットカード現金化は可能なのか、手数料メリットデメリットリスク等と併せてご紹介します。

メルカリでクレジットカード現金化

メルカリで買い物をする女性

大手フリマアプリ「メルカリ」で現金が出品されたことが問題となりました。クレジットカード決済で現金を購入することでショッピング枠を現金化する手法です。
メルカリの一連の事件がテレビやネットニュースを通して一般の人に広まり、現金化への注目が高まったことでクレジットカード現金化を試みる人が増加しました。現在は悪徳業者の比率が増えている傾向にあり、現金化業者が健全化へ向けて取り組んでいます。メルカリでの現金化リスクと安全に取引をする方法について詳しくはこちらをご覧ください。

バンドルカードで現金化

バンドルカードのスクリーンショット

バンドルカードとはvisaプリペイドカードサービスの事で、残高を事前にチャージしておくことで、各種サービスの料金を払うことが出来、仮想通貨やAmazonギフト券の購入にも向いています。
バンドルカードには、アプリ型とカード型(バンドルカード リアル+)という2つのタイプがありそれぞれ使い方が異なります。カードの特徴や限度額・チャージ方法など詳しく調べました。

上手に利用する事が大事

Amazonギフト券買取以外の方法をご紹介させて頂きましたが、換金率が良い手法にはやはりリスクが伴い、長くクレジットカードを利用し自身のクレヒスを傷付けないためにも現在の状況に応じて上手に使い分ける事が何よりも大事です。
決して無理をせず「高換金率」「安全性」の両面から検討する事が望ましいでしょう。