ゲームやスマホで現金化は可能か?

ゲーム機やスマホ

Amazonギフト券買取、現金化業者以外の現金化方法としてゲーム、スマホ、タブレット端末、その他電子機器等の売却が挙げられます。
これらの商品は 小型で扱いやすい上に換価性が高く、ゲーム機類はクレジットカード現金化に於いて古くから多く用いられてきた現金化方法と言えますが、現在ではスマートフォンを始めとした電子機器類に需要が集中している事もあり、現金化に於いては後者が人気となっています。
「iPhone」「ipad」「iPod」等のapple製品は特に人気が高く、新品同様のもので、かつ最新のものであれば、ほぼ定価で取引されており、上手に利用すればお得に現金化する事が可能です。

高値で売買されるapple製品

時期が大事?電子機器の売買でクレカ現金化するコツ

ゲーム、スマートフォン等を用いたクレジットカード現金化に於いて最も大事なのが「売却時期・商品価値の見極め」です。
損をせずに現金化するためにどのような商品やタイトルを狙うべきなのか、お得情報をまとめました。

最新ゲームタイトルは90%以上で買取

80~90年代にかけて大きな社会現象を巻き起こしたドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーと言った超人気タイトルは現在でも男女を問わず幅広い年齢層で高い需要があり、現金化する上でも有効な商品です。
ただし、これら人気タイトルは出荷数が非常に多い為、 相場が下がるのが早いのが特徴であり、予め発売日に合わせて現金化計画を立てる、その時期に最も人気である(又は需要が高い)ものを選ぶ必要があります。

スマートフォンの長期保有はNG

NGサインを出している女性

スマートフォン、タブレット端末等は、最新式と前モデルで換金率が倍以上変わります。
また、まだ発売はされていなくても、メーカー側から最新機器の発表があると、 大きく相場が下がってしまうため、これら電子機器を長期保有するのは非常に危険です。
情報をきちんとチェックするのはもちろん、 売却時期についてもしっかりと見極めましょう。

キャリアショップでスマホ購入は×

大手キャリアショップのイメージ画像

前モデルであっても、docomo、au、Softbankといったキャリアで購入するとほぼ定価での購入となる上に、「シムロック」制限を解除するための費用が別途必要になります。 シムロックとは、購入したキャリアでしか使えないように鍵を掛けておくシステムで、原則としてキャリアショップが販売元となる場合にはこの制限が付随しており、このロックが掛かっている端末とそうでない端末(所謂「シムフリー端末」)では買取額に大きな差が生まれます。 そのため、この「シムロック解除」を行った上で売却するのが一般的です。 また、キャリアでの契約内容によっては解約手数料等も掛かってしまうというデメリットがあり、購入先はシムロックが掛かっていない「appleショップ」や、シムフリー端末を扱っている「大手家電量販店」での購入が良いでしょう。 特に、家電量販店であればポイントも貯まるのでお得です。

どこへ売るのが良い?

ゲームと言えば、ひと昔前までは「ファミコンショップ」「ゲームショップ」等へ売却するのが一般的でしたが、ゲーム離れが顕著である昨今、ゲームのみを取り扱うお店は立ち行かなくなってしまい、街に一つはあったこれらのショップはほとんど見かけなくなってしまいました。
今、最新ゲームを売却するのであればDVD・CDレンタル業で有名な 「TSUTAYA」や「GEO」といった大手中古ゲーム販売店を利用するのが無難かつ一般的ではありますが、より高値を狙うのであれば「ヤフオク」「メルカリ」といった個人間での売買もお奨めです。
しかし、超人気タイトルと呼ばれるゲームかつ発売直後のものは、 大手ゲームショップであっても92~93%の超高換金率の上にその場で現金決済をして貰えるため、手間も掛からず、個人間売買と大きな差異はありません。
両者の相場を比較しながら売却先を決定するのが望ましいでしょう。

大手中古ゲーム販売店のイメージ画像

メリット・デメリット

ゲームやスマートフォンによるクレジットカード現金化のメリット・デメリットをまとめますと以下の通りとなります。

換金率が高い
リスクが高い
時期を見誤ると損をする
売却方法が限定されている

このように、Amazonギフト券買取、現金化業者利用等の他にもクレジットカード現金化方法は様々存在しています。
様々な方法での換金率を確認した上で自身の状況に合わせた現金化方法を選択する事が、 お得に現金化する上で最も効果的であると言えるでしょう。