クレジットカード現金化に潜む「危険」

クレジットカード現金化とAmazonギフト券買取の違い

クレジットカードのショッピング枠を現金に換える行為を「クレジットカード現金化」と言いますが、この現金化には様々な手法があります。
今回は「現金化業者」を利用した現金化と、「Amazonギフト券買取サービス」を用いた現金化の二つを比較してみました。

現金化業者を用いた場合でも、アマギフ買取を用いた場合でも、共に現金化行為を行ったという事実に違いはありませんが、その中身には大きな違いがあります。

現金化業者に対する注意喚起

クレジットカード現金化業者の増加により、契約内容の齟齬(換金率が違う)詐欺被害(代金が中々支払われない)、といった相談が多く寄せられ、事態を重く見たクレジットカード協会は、利用者に向けて現金化業者を利用しないように注意喚起がなされました。
「現金化行為」は、裏を返せばカード会社の売上アップに繋がりますから、現在までも黙認されている部分が大きかったので、このような声明を発表するのは異例とも言えます。

拡大解釈すればAmazonギフト券を始めとした商品券を換金する行為も含まれると考える事もできますが、はっきりと「現金化業者」を指している事からも、現金化業者を利用した現金化に対し監視を強めていると推察出来ます。
もし、カード会社側が現金化業者をある程度把握しているのであれば、利用した時点で利用停止となる恐れは十分に考えられます。

現金化業者を注視する警察

より安全な現金化はどちらか?

現金化業者を利用する場合とAmazonギフト券買取を利用した場合、どちらが安全性に優れているのかを検証します。

現金化業者の危険性

現金化業者を利用した際の危険性(リスク)には以下のようなものが考えられます。

現金化業者の考えられるリスク

買取相場が不安定である
現金化業者による詐欺被害
商品が送られて来ない

買取相場が不安定である

現金化業者は、独自に「換金率」を設定し、当該割合にて換金を行っています。
しかし、金券類・貴金属・ブランド品等とは違い業者側の「言い値」である事がほとんどで、その率は安定性に欠けており、同じ業者内であっても±10%する事は珍しくありません。

現金化業者による詐欺被害

ネット型の現金化業者が増加した事に伴い、粗悪なサービスを行う業者が増えた事は間違いありません。
悪質なケースですとクレジットカード決済のみを行い、代金を振り込まないまま連絡が取れなくなってしまう事もあるため、業者選びは慎重に行う必要があります。
特に、連絡先が携帯電話のみの業者は利用しないようにしましょう。

商品が送られて来ない

現金化業者には、業者側から商品を購入し、換金率分をキャッシュバックとして返還する方式の「キャッシュバック型」と、業者から実際に商品が送られて来て、当商品を返送し買い取ってもらう方式の「買取型」の2つのタイプが存在します。
キャッシュバック方式は実際に商品の授受が無いため実質的な消費貸借と見られやすく、逆に買取方式は取引の実体が伴っているため安全性は高い、と言えます。

「商品が送られて来ない」というケースは後者の買取型に見られるもので、商品代金を決済したにも関わらず、買い取って貰うハズの商品が届かない場合です。
決済後、数日経過しても商品が届かない場合には、詐欺を疑った方が良いでしょう。

アマギフ買取の危険性

次に、アマギフ買取サービスを利用し、現金化した際のリスクについて考えます。

アマギフ買取の考えられるリスク

商品を引き渡したが代金が振り込まれない

商品を引き渡したが代金が振り込まれない

アマギフ買取には上記のリスクが考えられます。
まず、Amazonの公式サイトよりAmazonギフト券を購入し、当該ギフト券を業者に送付又は送信する方法によって引き渡すのですが、この際に商品のみを騙し取られてしまう危険性があります。

安全に利用するならどっち?

安全に現金化する事を考える男性

まず、現金化業者の問題点であった「換金率の不安定さ」ですが、アマギフ買取の場合、金券類や貴金属類と同じく全国相場にて算出を行うため、大きなズレは生じません。
ある程度買取業者に裁量がありますが、その差は±2~3%と、現金化業者と違って差異は大きく無いと言えるでしょう。

また、両者の共通したデメリット(リスク)として業者側の「詐欺被害」が挙げられましたが、こちらに関しては「営業許可の有無」が最も大きなカギと言えます。
現金化業者は、本来であれば「貸金業許可」を取得しなければならないのに対し、そのほとんどは「無許可」にて業務を行っており、「闇金業務をショッピング枠現金化に置き換えている」と言い換えてしまっても過言ではありません。

なお、貸金業許可の取得は非常に難しく(例えば、会社の純資産要件が5,000万円等)、小規模事業者では取得がほぼ不可能となっています。
一方、Amazonギフト券買取は、一般的な金券ショップやリサイクルショップと同じく、「古物商許可」という許可を取得する事によって業務を開始する事が可能です。
当該許可は、貸金業許可に比べ非常に簡易に取得できるという特徴があり、買い取り業務を行う業者のほぼ全てが取得しています。

「許可」は営業を行うための免許証といっても差し支えないため、業者側は許可をした行政に当然、登記簿謄本・事務所の賃貸借契約書・代表者の住民票等といった事業者情報を添えた上で許可申請をしなければなりません。
つまり、許可を取得している業者は無許可業者と違い「行政からの監視」が入り、利用者からクレームが入った場合には行政指導を受ける可能性あるのです。

この行政の介入は取引を行う上で非常に強い担保となり、何かあれば行政に通報が出来るという大きなメリットがあります。
最後に、「商品が送られて来ない」というリスクに関してですが、購入先がAmazonの公式サイトという事もあり、こちらを心配する必要はほぼ無いと言って良いでしょう。
上記を見て頂いても分かるように、Amazonギフト券買取サービスは圧倒的にデメリットが少なく、現金化業者を利用するのに比べ、安全性に優れていると言えます。