Amazonギフト券買取の仕組み

近年流行の兆しを見せている「アマギフ買取」ことAmazonギフト券換金サービスの仕組みについて、解説します。
利用目的は、大きく分けて以下2パターンに分類されます。

パターン① 使わないAmazonギフト券を売りたい

Amazonギフト券買取の仕組み

アマギフ買取業者へ買取の依頼(申し込み)

買取業者へ現品の送付又はギフト券情報の送信
(印刷タイプ・カードタイプであれば「送付」、メールタイプであれば「送信」)

現品確認後、指定口座へ送金

不要なAmazonギフト券を現金にしたい場合に利用するケースです。
大手金券ショップではAmazonギフト券の買取を行っていないため、ヤフオクやメルカリといった個人間取引を用いる事が一般的でしたが、オークション終了までに時間を要したり、希望額に満たなかったりと、煩雑かつデメリットが多い取引となっていました。

さらに、オークション側に落札額の数%のコミッションを取られる等、換金率面でみてもパフォーマンスは低いという難点があります。
それに比べ、買取業者を用いた売却の場合、換金率は一律90%以上かつ手数料無料という事で従来のデメリットを全てクリアしています。

パターン② クレカ現金化としての利用

アマギフ買取によるクレジットカード現金化の仕組み図

Amazonギフト券の購入(Eメールタイプを選択)

アマギフ買取業者へ買取の依頼(申し込み)

買取業者へギフト券情報の送信

現品確認後、指定口座へ送金

従来のクレジットカード現金化(ショッピング枠現金化)は、主に「現金化業者」を用いる方法が一般的でした。
しかし、ネット型(無店舗型)の現金化業者がほとんどである昨今、同取引はほぼ電話やメールのみで完結してしまい、取引内容の齟齬(換金率・入金までのスピード等)が生まれたり、現金が振り込まれない等の詐欺被害に巻き込まれてしまう、といった事例が後を絶ちませんでした。

アマギフ買取では「自分で買い、自分で売る」ため、業者を介する必要がなく、このようなトラブルに発展する事が無いばかりか、当然ですが手数料等も発生しないため、コストパフォーマンスに優れているという特徴があります。

高い需要の反面、供給が少ない

Amazonギフト券買取ショップがなかなか見つからない男性

「アマギフ買取」の人気が高まっている背景に、需要が高いのにも関わらず、供給方法が不十分というミスマッチがあります。
今や『Amazon』で買えないものはほとんどなく無く、Amazonギフト券は額面とほぼ同額の価値を出しても買う人が多くいる状況にも拘らず、金券ショップでAmazonギフト券は取り扱っておらず、「金券としての価値は無い」という見解を示しています。
そのため、Amazonギフト券を売りたい人は個人間取引によって現金に変える必要があり、買いたい人も高い手数料を払い、少ない得でAmazonギフト券を入手する、という状況にありました。

アマギフ取引の活発化

近年、スマホゲームやAmazonでのネットショッピング利用者の増加に伴い、Amazonギフト券やiTunesカード・GooglePlayカード等の需要がますます増えている事を受け、個人間取引の仲介を行う業者や掲示板を活用したり、Amazonギフト券の買取業者を利用したりするケースが多くなっています。
中でも人気が高いのが、高換金率ながら即日での現金化が可能なAmazonギフト券専門業者への売却であり、利用者は年々増加しています。

クレジットカード現金化としての利用

ショッピング枠を現金化する行為(所謂「クレジットカード現金化」)には現金化業者を用いる事が一般的という点については前述した通りですが、現金化業者を用いた場合とアマギフ買取を利用した場合とでは何と平均15~20%程換金率に差が出ると考えられており、新しい現金化方法として注目が集まっています。

今後も需要が伸びる事が予想される

インターネットショッピングは今後も需要が増えると予想されるコンテンツであり、Amazonギフト券の価値は今後ますます高まると言われています。
使わないアマギフをお得に売却したい方も、クレジットカード現金化を検討している方も、まずは一度「アマギフ買取サービス」を試してみてはいかがでしょうか。