アマギフ買取業者はどうやって儲けるの?

アマギフ買取業者のテレフォンアポインター

Amazonギフト券の換金率は平均90%弱と非常に高いため「どうやって儲けているの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
買取業者が利益を得られている理由とそのカラクリについて解説したいと思います。

大量に仕入れて小分けに売る

最も売れ筋のAmazonギフト券は「5,000円~10,000円」の物で、大体93~95%程の割合で取引されていますが、これが30,000円、50,000円、100,000円と値を上げるにつれ、徐々に需要が下がる傾向にあります。
金額の大きい取引は当然不安も大きくなりますし、個人消費を目的とした購入の場合、都度低額の物を購入していた方が利用もしやすいからではないか。と推察出来ます。
買取業者はユーザーからAmazonギフト券を大量に仕入れた場合、5,000円~10,000円程度に分けて販売を行い、最も換金率が高い状態で売却する事により、利益率を上げています。

在庫を抱えない

Amazonギフト券の需要が非常に高い件につきましては説明した通りですが、買取業者の利益の秘密にはこの「需要の高さ」が密接に関係しています。
全国に点在するチケットショップ・金券ショップの多くは大手企業が運営するショップ(大黒屋・チケットアクセス等)になり、個人店を見かける事はほとんどありません。
ショップの運営が立ち行かなくなる一番の理由は、在庫を抱え過ぎてしまったために起こる「キャッシュフローのマイナス」、つまり、資金不足によるものです。

需要の無い商品券は買い取っても在庫はどんどん増えていくため、売れない状況が続くと現金が回らなくなってしまいますが、金券ショップである以上、買取依頼を拒否するわけには行きません。
そのため、小規模経営の場合だとキャッシュフローがマイナスに陥りやすく、資金力がある大手ショップに比べて経営が難しいのです。
一方、Amazonギフト券は現在需要が高い商品券のため買い手が非常に多く、大量に買い取っても利益を安定して売却する事ができるため、業者にとって非常にリスクの低い商品であり、専門に扱う事により高換金率でも安定して利益を得る事を可能にしています。

成長を続ける「Amazon」

巨大企業に成長したAmazon

好調を続けるAmazon.comは、2017年10月時点で時価総額なんと5,300億ドルを超えており、サービス開始から20年余りでApple・マイクロソフトに次ぐ世界第3位まで成長しています。
日本一の時価総額を誇るトヨタですらドル換算だと2,000億ドル足らずですから、とてつもなく大きな企業であるという事が分かります。
日本の大手ネットショッピングサイト「楽天」も大きな成長を続けていますが、Amazonに比べるとやはり見劣りしてしまうのは否めません

Amazonと楽天

世界的な認知度は当然Amazonに軍配が上がりますが、日本に於いては楽天も非常に人気の高いショッピングサイトです。
「Amazon派」「楽天派」と呼ばれる程ユーザーの意見は割れておりますが、アンケート調査では、現在6:4程の割合でAmazon利用者の方が多い結果となっています。
また、楽天もAmazonと同じく、同サイトで利用出来る「楽天ポイントギフトカード」というギフト券の発行を行っていますが、コンビニ等でのカードタイプの物がメインのため、Amazonギフト券に比べると需要が低いです。

ショッピングサイトとして利用者数No.1のAmazon

需要が高い今が売り時

Amazonギフト券をお持ちであれば需要の高い今が売り時と言えます。
また、クレジットカード現金化(ショッピング枠現金化)としての利用であっても、換金率が非常に高く・安全性にも優れている事から、今最もパフォーマンスに優れている現金化方法と言っても過言ではありません。