モアタイムとは?

モアタイム導入によりいつでも振り込みが可能に

2018年10月9日より、参加している金融機関同士なら銀行窓口営業時間外でも24時間365日即時振込が可能になるサービス「モアタイムシステム」が開始されました。
従来は一部の金融機関を除いて平日15時を過ぎると入金の反映は翌営業日になってしまいましたが、当該システムが導入されたことで対応金融機関であれば振り込まれた現金をすぐに引き出せるようになりました。

営業時間による制約が無くなる

具体的には「Amazonギフト券買取を利用したが、15時を回っていた(又は土日祝日であった)ため、現金を手にする事ができたのは翌日であった」等のケースが無くなります。
平日15時以降や休日にAmazonギフト券買取を利用する場合ゆうちょ銀行間やジャパンネット銀行といった特定の金融機関を利用するしかない上に同じ金融機関同士の振込でないと即時繁栄されないというデメリットがありました。
モアタイムが開始されたことで、地銀や信金等の金融機関口座であっても、いつでも好きな時にAmazonギフト券買取による現金化が可能になったのです。

モアタイムに対応している金融機関

モアタイムシステムが開始された2018年10月時点で、なんと504の金融機関が参加を表明しており、都市銀行をはじめ、ネットバンク・地方銀行・信託銀行・信用金庫・信用組合で当該サービスを利用することが可能です。
ただし、大手でも「みずほ銀行、JAバンク、ろうきん」は対象外になっている点には注意が必要です。(みずほ銀行は、次期システムの移行作業を行うため初期の参加を見送ったという経緯があり、2019年上半期にシステム移行してからモアタイムに参加する方針となっています。)
このほか、地銀、信用金庫など一部参加していない金融機関がありますので、全国銀行資金決済ネットワークのホームページより、保有している金融機関がモアタイムシステムに参加しているかチェックしましょう。

全国銀行資金決済ネットワーク
モアタイムシステム参加金融機関一覧

振込手数料はほぼ据え置き

振込手数料は金融機関によって異なりますが、通常の他行への振込手数料と同等水準を維持している所がほとんどであり、モアタイムによって振込手数料が極端に高くなることはないと考えて良いでしょう。
Amazonギフト券買取はもちろん、個人間決済や企業の資金調達といった様々なシーンで活躍でき、更なる金融的流通が期待されます。
また、取引の相手方が使っている金融機関を確認したり、こちら側が別の金融機関の口座を用意したりといった手間を省略できますので、取引をより円滑に進められるという利点もあります。

競争が激化する可能性も

モアタイムでAmazonギフト券業者の競争が激化?

夜間や土日祝日にAmazonギフト券買取を行おうとした場合、24時間営業&年中無休であることに加えゆうちょ銀行やネットバンク等の特定の金融機関に対応している業者を絞り込む必要がありました。
営業時間に関しては今度も差別化を図るポイントではありますが、モアタイムの導入により金融機関の差がなくなりましたので換金率・スピード・スタッフの対応といった“サービスの本質”が今度益々重要視されそうです。
Amazonギフト券買取は年々利用者が増加しており、業者間のサービス競争が激化することで、間接的に条件が上がっていく可能性も十分に考えられます。

営業時間の長い業者が増える?

元々時間的な制約は少なかったAmazonギフト券買取サービスですが、モアタイムの導入により、消費者金融やキャッシングに比べて夜間等でも更に利用しやすくなりました。
「直ぐに現金が欲しいが窓口が開いていない」
「キャッシュディスペンサーが近くにない」
といったようなシーンであれば、近くのコンビニでいつでもお金を引き出せるAmazonギフト券買取の方がよりスピーディーに現金を手に入れる事が出来るようになります。
そのため、「24時間営業」に変更するAmazonギフト券買取業者が今後増えていくだろうと予想されており、既に変更済の業者も一部確認されました。
時間帯を問わず利用可能な業者が増えるほど競争原理によりサービスの質は向上していきますので、「キャッシュバック」「換金率アップ」等を打ち出す業者も増えるかもしれません。 今後の発展により注目して行きたいところです。