「Amazon Pay」がおサイフ代わりに

Amazon Payのサイトスクリーンショット

2018年8月29日、Amazonはオンライン店舗などで導入が進んでいる決済サービス「Amazon Pay」をQRコードによるオフライン決済にも対応すると発表しました。
全国の数十店舗の小売店からスタートして、小売店向けサービスを手がける「NIPPON PAY」の加盟店を活用して全国に拡大させていく方針です。
今回はAmazon Payのサービス詳細や利用方法等について解説したいと思います。

QR決済とは

QR決済を行う様子

携帯電話やスマートフォンを活用した「おサイフ携帯サービス」をはじめ、「LINE Pay」「d払い」「PayPay」など、大手が続々とQR決済に算入しています。
Amazon Payは、これらサービスと同様にAmazonショッピングアプリの中でQRコードを表示し、対応小売店の店頭で利用できる決済サービスです。
表示するQRコードは決済の度に変わる一時的なもので、スクショを撮っても悪用される心配がありません。(ただし、発行直後ですと利用されてしまう危険があります。)
「〇〇Pay」と呼ばれるQR決済に対応したサービスと連携させることで、登録しているクレジットカードやデビッドカードから支払いを行うことができます。

Amazon Payの特徴

Amazon Payの場合、すでにAmazonアカウントを取得&クレジットカードを登録していれば、すぐに活用することが可能です。
そのため、Amazonを良く使うという方は特段難しい手続きが不要で開始することができ、Amazon側もヘビーユーザーの流入を期待しています。
クレジットカード払いのように暗証番号入力やサインをする必要が無い上に、電子マネーのように事前チャージも不要です。

Amazonギフト券は使える?

結論から申し上げますと、Amazon Payで支払った際にAmazonギフト券やAmazonポイントを使うことは現状できません。
また、チャージにAmazonギフト券を用いることもできませんので、あくまで別々のサービスとしてみておいた方が良いでしょう。
したがってAmazonのショッピングサイトで欲しい商品がなければ、従来通りAmazonギフト券買取サービスにて現金化することをお奨めいたします。

QRコード決済は普及するか

Amazon PayのQR決済はローンチテストを兼ね限られた店舗でのスタートになりましたが、すぐに全国の小売店に拡大することが予想されます。
普及することが予想される根拠として以下の4点が挙げられます。

①Amazonのユーザーが多い(手続不要で活用できるユーザーが多数いる)
②対応店舗は2年間決済手数料無料(通常3.5%)
③利用機器無料レンタル
④売上金は最短翌日入金

①~④に共通して言えることは、導入店舗側にデメリットが一切無いことです。
クレジット決済の場合、カード会社から3~5%の決済手数料を取られる上、入金までに2カ月弱(締め日から45日後)の期間を要します。
Amazon PayのQR決済を導入すれば、当面は決済手数料がかからない上に入金も1か月程度ですみますので、店舗側のメリットが非常に多くなります。

QR決済で現金化は可能?

QR決済サービスを利用した「現金化業者」が登場する可能性はあるのでしょうか。
現金化と言えば“クレジットカード現金化”が最もメジャーかと思われますが、世間の目・取り締まり・ペナルティが厳しい上に広告費や人件費等が高く、新規参入するのは意外にも難しいです。
Amazonギフト券は質屋やチケットショップでは扱っていないため“売りたい・買いたい”の需要がネット上のサイトに集中しておりますが、QR決済はあくまでも専門機器を通して行われるため、対面方式による買取が行われることが予想されます。
店舗型の場合ですと、前述した広告費や人件費に加え「家賃」も必要になりますので、店頭でQR決済を活用した現金化を提供する業者が登場する可能性は今のところ低いと言えるでしょう。

ちょっとした資金不足にオススメ

QR決済は少額の利用であるならお勧め

Amazon Pay・PAYPAY・LINE Payといった“QR決済”を利用できる店舗が増えることで、クレジットカードを現金のように使える場面も比例して増えていくと考えられています。
生活費が足りない、日用品を買いたいといった「ちょっとした費用」であれば、Amazonギフト券買取よりも、QR決済の方がスピーディーに解決出来るようになるでしょう。
ただし、Amazonギフト券買取やクレジットカード現金化で資金調達する人の多くは個人間での支払いや賠償金等の金銭トラブルをはじめ、水商売・ギャンブルなど現金払いを求められるシーンでの活用が多いです。
したがって、QR決済で日常的な買い物は便利になりますが、Amazonギフト券買取やクレジットカード現金化の需要に大きな影響は出ないでしょう。