現金化業者・アマギフ買取~スピード比較

急な入り用で現金化をする女性

ショッピング枠を現金化する理由は諸所ありますが、共通して言えるのは、
「急な入用の際に利用する」
という点です。

現金化業者を利用した場合と、Amazonギフト券の買取サービスはどちらの方がスピード面に於いて優れているのかを比較・検証したいと思います。

最短時間

現金化業者及びAmazonギフト券買取サービスを行う業者各30社分のデータを検証した結果、いずれも「最短5分」となっており、スピード面に関しては両者同一程度と考えられますが、あくまでこれは最短時間であり、業者によって大きく異なります。

大きな差異があるのはアマギフ買取

Amazonギフト券買取業者は、5~30分を買取の目安とする会社がほとんどですが、ギフト券の「種類」や「買取状況」に応じて買取スピードに差異があり、状況に応じて時間が掛かってしまったり、翌日振込になってしまったりします。
一方、クレジットカード現金化業者を利用した場合、業者の対応力にこそ差はあるものの、原則として手続き内容は同じであるため、大きな差異は生まれにくいと言えます。

ギフト券を仕入れなければならない

現金化業者利用とアマギフ買取の大きな違いとして「商品の有無」が挙げられます。
何もない状態から現金化が行える現金化業者利用に対し、アマギフ買取の場合は換金するための「Amazonギフト券」が手元にある事が前提となるため、元々Amazonギフト券を所有していた場合を除き、買取スピードにこの「仕入時間」を加える必要があります。

スピード面では現金化業者に分がある?

両者共に審査等はありませんが、上記の通り「仕入時間」がある点でアマギフ買取の方が現金化までの平均時間は上回ると推察出来ます。
また、現金化業者の手続きは比較的シンプルになりやすい一方で、Amazonギフト券は様々なタイプ(種類)があるため、平均時間が伸びてしまう傾向にあるようです。

Eメールタイプのアマギフが最も早い

Eメールタイプのアマゾンギフト券

Amazonギフト券には様々なタイプがある事については、繰り返しお伝えしてきましたが、そのおさらいをしていきたいと思います。
まず最もスピード面に優れているのは「Eメールタイプ」のもので間違いありません。

Amazonギフト券には大きく分けてカードタイプを始めとした「紙媒体」とギフトコードを発行するタイプの「電子媒体」がありますが、電子媒体は商品券そのものが無くAmazonよりコードを発行する事により利用が可能となるため、メール等で受領が可能となり、非常に迅速性に優れているという特徴があります。
購入そのものは2~3分ほどで完結し、「発送⇒受領」の流れを省略できるため、商品購入のために生じるタイムラグはほとんどありません。

他の方法によって掛かる時間

アマギフを買取業者によらず自身で売却する方法の筆頭として「ヤフオク」や「メルカリ」といったオークション・フリマアプリ等を用いる方法があります。
まず、両者ともに専用のアカウントを作成する必要があり、Yahoo!オークションであれば1週間ほど(登録コードが自宅に発送されるため)の期間が必要です。

ヤフオク・・メルカリは時間が掛かる…

更に、入札されるまでの間は当然入金がなれないため、落札されなければいつまでも現金を手にする事が出来ません。
相場より少し低い額であれば入札の可能性が高まる為、早ければ2~3日(登録期間を含めず)ほどで落札される可能性もありますが、落札者がヤフーかんたん決済を選択していた場合、入金までに数日かかるため、最短でも1週間程度見ておく必要があります。

メルカリの場合は、「入札=落札」というフリーマーケット形式を採用しているため、出品物の額が上がっているという事が無く、ある程度相場を見極めてから出品しないと損をしてしまう可能性がある点に注意せねばなりません。
なお、メルカリも同様に落札⇒発送⇒到着⇒入金処理(3~4日)という流れとなるため、少なくとも1週間程度は見ておく必要があります。
スピード面に於いては買取業者に依頼してしまった方がパフォーマンスは良いでしょう。

表は⇒方向にスライドしてご覧ください。

最短時間
商品の有無
本人確認
ヤフオク利用
メルカリ
業者を利用した場合
個人で現金化した場合
現金化業者
5
不要
無し
×
×
Amazonギフト券買取
5
必要
有り
1週間程
1週間程