2018年で最もHOT?!BITコインとは

ビットコインのイメージ画像

2009年に一般的に取引が開始された仮想通貨「BITコイン」ですが、初の法定通貨間での取引価格は1BTC辺り0.09円であった価値が2017年12月時点で1BTC最大225万円と、なんと9年余りで2500万倍という史上類を見ない高騰を続けており、2017年の一躍トレンド入りを果たしました。
仮に取引開始当初に1万円買っていれば2500億円という途方もないお金を手に入れられたワケですから、「買っておけば良かった」と誰しもが一度は思ってしまう事でしょう。
しかし、225万円まで上がった直後に150万円を切るなどリスクも桁違いであり、手を出せずにいる方も多いのではないかと推察します。

そもそもBITコインって?

BITコインは仮想通貨の銘柄の一種であり、仮想通貨の中でも最も古いものと考えられています。
そのため、「仮想通貨=BITコイン」と考える方も多いのですが、仮想通貨は世界で1000種類以上の銘柄が存在し、BITコインはその広い概念の中の一部という位置付けとなります。
最終的にはBITコインが通貨価値を持ち、世界中で買い物等の決済で出来るようになると考えられておりますが、現状日本に於ける利用可能店舗は未だ少なく、実際の通貨として利用出来るようになるまでには課題も多いようです。

仮想通貨銘柄の一覧

BITコインで現金化は可能?

仮想通貨をクレジットカードで購入し、すぐに現金化が出来るのであれば理論上ショッピング枠の現金化が可能です。
まずはクレジットカードでBITコインを買える取引所があるのかを調査しました。

クレカ決済対応の取引所は存在する

クレジットカード決済対応の取引場一覧

・コインチェック
・Zaif(ザイフ)
・ビットフライヤー
・GMOコイン

上記は取引所でも一般的に知られている大手となりますが、クレジットカード払いは取引所にとってデメリットが無いため、参入する取引所はこれからますます増える予想されています。
クレジットカードにより仮想通貨を買う場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
・相場が高騰し、儲かる可能性がある
・登録さえ済ませておけば比較的簡単に取引できる

メリットは何と言っても買ったビットコインが現金化するまでの間に一気に高騰し、元金よりも多くの価値を持つものとなる可能性がある点です。
0.09円が225万円となった事を鑑みると、あながちあり得ない事ではありません。
また、最近ではスマートフォンアプリにより簡単に取引が可能となっており、一度登録を済ませてしまえば継続して現金化を行う事が出来ます。

デメリット
・相場が急落し、損する可能性がある
・儲かった場合に税金が掛かる
・手数料が割高(レートが高い)
・取引所への登録が必要

先ほどメリットとして挙げた「相場が高騰する可能性」の逆説的となるのですが、仮想通貨は225万円から僅か1週間ほどで150万円にまで下落した事もあるほどの相場変動であり、1日で数十万円の変動はザラに起こります。
そのため、儲かる可能性がある反面、損をする可能性を十分に孕んでいると考えられます。
また、仮にプラスになった場合でも、その儲かった金銭は税法上「一時所得」に該当するため、その分の所得税を払わなくてはなりません。
さらに、あらかじめ取引所へ登録している必要がある、手数料が高い等のデメリットもあります。

暴落するビットコインのイメージ画像

実際の取引例

前述した仮想通貨取引所である「コインチェック(coinCheck)」で実際に10万円分を現金化すると手元にいくら現金が入るのかを計算してみました。

【換金レート】 1BTC=1,916,000JPY
10万円分=0.052192BTC
【手数料】
スワップ手数料(取引約定金額×0.04%)・・・4000円
送金手数料(コンビニ入金)・・・・・・・・・1000円
仮想通貨入金手数料(0.002BTC)・・・・・・・3832円
仮想通貨送金手数料(0.001BTC)・・・・・・・1916円
合計10,748円

【換金率】 (元金)100,000円-(手数料)10,748円=(実質現金となった額)89,252円
89,252円÷100,000円=89.2%
換金率は89.2%とまずまずの数字となりました。

現金化には不確実

「仮想通貨が儲かるor損をする」
という話は置いておいて、現金化を目的とした場合には、
・相場が不安定である⇒買った直後に大暴落する可能性
・手数料が非常に高い⇒通常購入よりもレートが高い
・わざわざ取引所に登録する手間⇒数日掛かってしまうことも

といった不安要素が多く、実際にスピーディかつ高換金率での現金化を行うには、率直なところ不向きと言わざるを得ません。
万が一購入した直後に高騰し、利益が出たとしても今度は税金が掛かってしまうという素直に喜べない状況ともなってしまい、やはり現金化という観点ではイマイチという評価になるでしょう。