Amazonギフト券買取vsブランド品・貴金属

amazonのイメージ画像 ブランド品・貴金属のイメージ画像

ブランド品や貴金属は老若男女、地域を問わずに需要があり、買取相場もほぼ全国横ばいと、安定した動きを見せています。
そのため、 クレジットカード現金化に於いても多く用いられている手段であり、手法としてはメジャーな部類と言えるのではないでしょうか。
現在最もホットな現金化手法であるAmazonギフト券買取と古くからあるブランド品・貴金属買取を両者比較してみました。

両者の換金率を比較!

まずは、Amazonギフト券、ブランド品、貴金属の買取相場・換金率を比較してみたいと思います。現在の各商品の買取相場は以下の通りです。

Amazonギフト券

Amazonギフト券売却イメージ

換金率相場・・・90~98%
Amazonギフト券買取業者に依頼した場合と、ヤフオク・メルカリ等で売却した場合とで大きな差異があります。
後者の場合、出品額=落札額となっている場合が多いのですが、 相場は「94~95%」
と安定して高い水準をキープしています。
一方、業者利用の場合は 「90~95%」と業者によって大きく異なっており、相場が不安定であるのが特徴となっています。
したがって、Amazonギフト券買取を選択する場合、 業者選びが高換金率のキーポイントになると言えるでしょう。

貴金属類

貴金属類の現金化イメージ

換金率相場・・・50~90%
装飾が無く、純度の高い金のネックレス・ブレスレットがファッション性・換金性に優れており、 換金率は90%と非常に高くなっている上にクレジットカード会社からの監視も比較的緩く、現金化に向いている商品と言って良いでしょう。
ただし、貴金属の中でも宝石類での装飾がメインである指輪、ネックレス等は換金率が低く、50%台での買取となっており、クレジットカード現金化には適していない商品です。

ブランド品

ブランド品のバックや財布の買取イメージ

換金率相場・・・70~100%以上?
既存のブランド品買取相場は新品かつ付属品が全て揃っている状態でも70~80%となっており、 決して高くありません。
しかし、限定品・品薄商品等を運良くゲット出来た場合、その 換金率はグンと上がり、場合によっては買った額以上で取引される事もあります。
従って、事前の調査次第では、お得に現金化出来るのはおろか、 換金率100%以上を狙う事も十分に可能です。

売却は業者を利用すべき?

業者に売った方が良いのか?という質問が当サイトへ良く寄せられますが、結論から申し上げますと、商品や条件によって業者に売った方が良いか、個人売買の方が良いか、が異なります。
買取業者に依頼した方が損が少ない物として以下の商品が挙げられます。

買取業者へ売却した方が良いもの

買取の依頼を受けている業者

・Amazonギフト券
・貴金属類(金・プラチナ等)

これらは 非常に安定した買取相場となっているため、買取店へ売却しても、個人間で売買してもさほど価値の変動が見られない商品です。
Amazonギフト券買取業者を利用するメリットとして、即日現金が得られる、アカウント等が不要なため 即取引が出来るといった点が挙げられますが、貴金属類の場合、質屋・リサイクルショップ等、買取を行うショップがお住まいの地域にある事が条件となります。
もしお近くにこれらショップが無い場合には、来店の必要が無い 全国対応のAmazonギフト券買取業者への売却がお奨めです。

全国対応のAmazonギフト券買取業者イメージ

個人売買で売却した方が良いもの

買取業者との交渉イメージ

・ブランド品
・貴金属類(宝石の装飾がある指輪、ネックレス等)

これらの商品は比較的換金率が低く、クレジットカード現金化には向いていない商品であるという点につきましては前述した通りです。
新作の登場が多いルイヴィトンやグッチと言ったメガブランドでは 新作が出るたびに旧作の価値が下がってしまい販売額が買取額を下回ってしまう恐れがあり、どうしても低めの買取額を設定せざるを得ないのです。
しかし、その一方で 「現行の物よりも欲しい」「○○年のモデルのデザインが良かった」等の声も多くなりやすいのがブランド品や宝石の特徴であり、買い手側の需要とマッチすれば大きく換金率が上がる商品であると言えます。
ヤフオク・メルカリで買い手を待つのが最も損をしない現金化方法であると言えるでしょう。

スピードなら業者利用

個人売買は高額で売れる可能性がある一方で、出品時間までは入金がなされず、ヤフー決済等を用いる場合には、入金までに数日を要するため、最短でも10日前後の時間が必要となります。
そのため、 「忘年会でAmazonギフト券やiTunesカードを貰ったが使わないので高く売りたい」といったように時間的余裕がある場合にのみ選択するのが望ましいと言えるでしょう。

スピード面を重視するのであれば、即日現金化が可能な買取業者(リサイクルショップ、質店、Amazonギフト券買取業者等)に依頼する方法がお奨めです。 状況に応じて上手く使い分けましょう。