Amazonギフト券を買いたい!

Amazonギフト券はコンビニをはじめ、様々な場所で入手可能です。
Amazonギフト券の種類によって、購入場所は以下のように分類出来ます。
当ページでは買いたい方向けに、購入方法やお得に手に入れる方法等について解説いたします。

Amazonギフト券を入手する方法

日本国内だけで5,000万人以上が利用していると言われているAmazon。
同コンテンツで利用可能なAmazonギフト券は、今や様々な場所で入手することが可能です。
一般的な入手方法・クレジットカードの利用可否等についてご紹介します。

その1~専門売買サイト
ギフト券が安く買えるサイト

専門売買サイトとは、文字通り電子ギフト券や電子マネーをインターネット上で売買しているサイトのことです。

取り扱っているギフト券はサイトによって異なりますが、そのほとんどが額面に対して10~25%オフとなっており、通常購入に比べてかなりお得に購入することが可能です。
つまりAmazonを日常的にご利用している方は常時10~25%オフで買い物が出来るという事になりますので、利用しない手はありません。

販売価格は在庫状況等によって変動しますので、適宜チェックしてみましょう。

その2~コンビニ・家電量販店
コンビニでAmazonギフト券を購入

カードタイプのAmazonギフト券は、コンビニや家電量販店で購入する事が可能です。
セブンイレブン・ファミリーマートといった全国チェーンのコンビニエンスストアであれば24時間全国各地で購入できます。
また、家電量販店の場合、稀に10%OFF等のキャンペーンを実施している場合もあり、お得に購入できるケースもあります。

その3~公式から購入
オンラインショップでAmazonギフト券を購入

Amazonのオンラインストアで購入する方法です。
Eメールタイプや印刷タイプを始め、グリーディングカードタイプやボックスタイプといったギフトの側面の強いタイプまで様々な種類があり、用途に応じて使い分ける事が出来ます。
特に、Eメールタイプの場合、第三者を指定して送ることも可能なため、自分用のみならずギフトとしても活用も出来るという広い汎用性が非常に魅力的です。
定価購入にはなってしまいますが、クレジットカードのポイント・Amazonポイントが付与されます。

その4~景品・懸賞
忘年会・結婚式二次会等でアマギフを貰う

購入だけが入手方法ではありません。 忘年会・壮行会・結婚式の二次会の景品、雑誌や新聞の懸賞など、Amazonギフト券を「貰う」という手もあります。
賞品としての需要は年々増えており、催し物や飲み会に良く参加する方は手に入れる機会が多いのではないでしょうか。
“貰ったけど使いみちがない”という方は、専門売買サイトに出品して現金に換えるのも良いかもしれませんね。

クレジットカード決済可能な方法

ショッピング枠の現金化を目的としている場合、当然ですがクレジットカードにて決済しなければなりません。
しかしながら、コンビニエンスストアではAmazonギフト券・iTunesカード・GooglePlayカード等の電子マネーは現金決済のみ可能です。
そのため、クレジットカード決済を行う場合はAmazonの公式オンラインストアで購入する・売買サイト・個人売買(ヤフオクなど)で入手する必要があります。

カードタイプをクレカで購入したい場合

現金化ではあまり用いられませんが、どうしてもカードタイプのAmazonギフト券が欲しい場合には「ドンキホーテ」での購入をお奨めします。
特定のクレジットカードがあれば現金が無くても購入する事が可能なため、Amazonのアカウントを持っていない場合やPC・スマホ等が無くても購入することが可能です。
プレゼントや景品等でカードタイプが必要な際は是非お試しください

現金化ならEメールタイプ

Amazonの公式オンラインストアで24時間購入が可能であり、すぐに受け取る事の出来る「Eメールタイプ」が最も現金化に適したAmazonギフト券と言えます。
カードタイプとは違い、業者側への郵送の必要が無いため、早ければ5~10分程度で現金化が可能な点も◎です。
現金化目的ならEメールタイプ、プレゼントや景品目的ならカードタイプといったように用途に応じて使い分けるようにしましょう。

<

売買サイトを活用しましょう

とにかく換金率にこだわりたい…

という方は「専門売買サイト」にてAmazonギフト券を購入し、そのまま買取業者に売却するのが良いでしょう。
例えば、専門売買サイトでは以下の通りの価格でAmazonギフト券が取引されています。
(2020年10月22日17時時点)

ベテルギフトとギフティッシュの販売価格

額面によっても異なりますが、販売価格は額面の78~80%といったところでしょうか。
次に、Amazonギフト券買取業者側の換金率を確認していきましょう。

ソクフリの換金率

こちらは同時刻における「ソクフリ」の換金率表です。
初回は78%・2回目以降は71%・76%・76.5%(額面に応じてスライド)となっています。
つまり、仮にGiftissue(ギフティッシュ)で額面20万円分を購入しソクフリで即換金した場合、以下の通りの換金率が実現します。

(額面)200,000円×(ソクフリ換金率)76.5%=(振込金額)153,000円
(購入金額)156,000円+(手数料)4,000円=(仕入れ値)160,000円
※手数料は額面の2%
(振込金額)153,000円÷(仕入れ値)160,000円=(換金率)95.6%

なんと換金率95.6%という驚くべき数字となりました。
しかしながら、この方法には2つのデメリットがあります。

時間がかかる

ご利用の際は(1)Amazonギフト券売買サイトで購入する・(2)Amazonギフト券買取業者に買取を依頼するという2つのステップを踏む必要があります。

公式サイトに比べて購入の手順がやや複雑なため、一般的なAmazonギフト券買取(公式にて購入⇒買取業者へ売却)に比べて時間が掛かってしまいます。
また、いわゆる「クレジットカード現金化業者」を利用する場合、クレジットカード情報を伝えれば直接決済してくれますので、同方法に比べて手順が多いと言わざるを得ません。

1分1秒を争うシーンであればミスマッチであると言えるでしょう。

利用不可の恐れ
購入時の注意点

Amazonでは、Amazonギフト券の個人売買を禁止しております。
上記画像はギフティッシュより引用したものですが、全体の0.78%のAmazonギフト券が購入後に利用出来なかったそうです。(こちらは販売サイト側の発表なので正確にどの程度の被害が発生しているかは不明です。)
つまり、こちらの手法には「購入したが利用できない」という重大なリスクがあり、同トラブルは一般的に“エラー”と呼ばれています。
エラーが起こってしまった場合は泣き寝入りしなければならないのか?
と申しますと、実は必ずしもそうではありません。
例えば、ベテルギフトでは万が一エラーが出てしまった場合は返金してもらうことが可能です。

ベテルギフトの返金対応

このように、エラーへの対応は販売サイトによって異なります。
ご利用の際は「エラー時の対応」もしっかりと精査すると良いでしょう。

安心感で選ぶならベテルギフト

ベテルギフトサムネイル ベテルギフトは、Amazonギフト券買取でもお馴染みの「ギフトグレース」の系列店です。
前述した通りエラー時の補償が手厚いため、安心して取引することができます。 なお、Amazonギフト券だけでなく、iTunesカードやGoogleプレイカード、楽天ポイントギフトカード等にも対応しており幅広く活用することが可能です。
ベテルギフトで購入し、ギフトグレースで売却…といった形でスムーズに換金することもできちゃいます。

よりお得に購入するならギフティッシュ

ギフティッシュサムネイル ギフティッシュは「見やすさ」「取引量」が魅力のAmazonギフト券売買サイトです。
Amazonギフト券は当然売ることも可能ですので、買取業者以上の換金率を狙うなら同サイトをおすすめします。
なお、購入したAmazonギフト券が「エラー」となってしまった場合であっても補償がありませんのでご注意ください。

「お得に買いたい方」も「お得に売りたい方」も、電子ギフト券専門売買サイトを是非試してみてはいかがでしょうか。