法人向けのAmazonギフト券

企業で働く人々

Amazon.co.jpは法人向けサービスとして「Amazonインセンティブ」を提供しています。
同サービスは企業が従業員・顧客・アンケート協力者などにAmazonギフト券をインセンティブ報酬として渡す際等、まとまった量を確保するのに適しています。
“法人向けは個人向けと何が違うの?”
と思うかもしれませんが、実は“使う側”に特別な違いはありません。
どのようなシーンに適しているのか、通常のAmazonギフト券との違いについて解説したいと思います。

具体的にはどのようなサービス?

一般・法人Amazonギフト券比較表

一般的なAmazonギフト券との違いにつきましては、上記の表を見ていただくと分かりやすいでしょう。
通常購入の場合、1,000円・5,000円・10,000円といった金額を指定して都度購入しなければなりませんが、法人契約であれば一括で大量のAmazonギフト券を購入することが可能です。また、コードタイプの場合はCSVファイルにて一括納品されますので、管理がしやすいというメリットもあります。

どのようなシーンで利用する?

法人向けのAmazonギフト券サービスは発行手続を簡略化したサービスですので、インセンティブ報酬・謝礼などでAmazonギフト券を渡すことが多い企業にマッチしています。
前述した「複数のギフト券コードをCSVファイルで一括納品できる」点に加え、API(アプリケーション)を通じて必要な時に必要な金額分のギフト券コードを即時発行するなどのカスタマイズをできるのも特徴です。

インセンティブ報酬

たとえば、企業に貢献したスタッフ対して「給料を1,000円上乗せした」としても、受け取る側が受けるインパクトは小さいものです。(アップに気づかないことも…)
しかし、現金ではなくAmazonギフト券で渡すことで“ちょっとしたボーナス感”が増すため、素直に喜んでもらえる可能性が高くなり、モチベーションの向上に繋がります。

各種御礼

アンケート協力や来場プレゼントなどの謝礼としても、Amazonギフト券は定番です。
生活雑貨・衣類・装飾品・家電など、様々な商品を取り扱っているAmazonの商品券ですので、貰って嬉しいギフト券として人気が高くなっています。
オリジナルデザインなどを利用しなければ発行手数料は掛かりませんので、他の商品に比べてコストをかからない・保管がラクという利点もあります。

法人限定!Amazonプライムギフトカード

Amazonプライムの特徴

Amazonでは、年会費3,900円の「プライム会員」という特別プランを用意しています。
プライム会員になると、2,000円未満でも送料が無料になったり最短即日のスピード配送サービスを受けられたりと、購入がより便利になるメリットがあります。
さらに、プライムビデオ・プライムミュージックといったような幅広いコンテンツを利用できるようになることから、近年では加入者が続出しているサービスと言えるでしょう。
現在ではこのアマゾンプライムに連動し「Amazonプライムギフトカード」というサービスも登場しています。

アマゾンプライム年会費が無料に

Amazonプライムギフトカードとは、文字通り当該サービスを無料で受けられるギフトです。
Amazonを頻繁に使うユーザーやプライムビデオを目的とした場合、Amazonプライムの「年間3,900円」は非常にお得に感じるかと思います。
しかし、普段あまりAmazonを利用しない方やコンテンツの全てを利用しない方にとっては、加入に対して迷ってしまう実に微妙なお値段ではないでしょうか。
このような“加入に慎重”な層に対してマッチするギフトであり、定番のAmazonギフト券と比べて特別感が出せると人気のギフトカードと言えます。
なお、通常のプライム会員の年会費はAmazonギフト券で決済することはできません。

もらったAmazonギフト券も買取可能?

Eメールタイプや通常デザインの発行タイプであれば、個人が公式サイトから購入するAmazonギフト券と扱いは全く同じですので、当然買取業者を利用すれば通常通りのレートで現金に変えることができます。 プライムギフトカードはまだ登場して間もないことや、使い途が限定されていることから買取に対応している業者は現在ではありません。
なお、法人のロゴが入っているなどの“オリジナルデザインのAmazonギフト券(カードタイプ)”の場合ですと第三者に譲渡したことがバレてしまう可能性がありますので、買取を知られたくない場合には十分な注意が必要です。